当サイトについて

薬剤師の仕事って薬局で調剤するだけだと思っていませんか? 実は、薬剤師の仕事はそれだけではないんです! ここでは、意外と知らない薬剤師の情報、資格取得方法、資格取得後の求人情報まで紹介しています。

/img
薬剤師とは?

薬剤師とは、「調剤、医薬品の供給その他薬事衛星を司ることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保する」とされています。
調剤とは、処方箋に基づいて、医薬品を患者さんに提供することです。

しかし、調剤だけだと思われがちな薬剤師の仕事ですが、調剤だけでなく、患者さんへの服薬指導や、薬に対しての正しい知識を説明したりなどのヒアリング業務を行うなど、多岐にわたるようになってきています。
薬剤師の仕事は、医薬品の供給という側面から見れば、薬の開発・製造に始まり、薬の管理や販売など、多岐にわたり、薬に関すること全てに関わる仕事です。
それに伴って、薬剤師の職場も多岐にわたります。
・病院
・薬局
・製薬会社
・行政機関
など大きく分けると4種類ですが、多くの職場が存在します。
しかし、薬剤師が過剰になるという現状が出てきています。薬剤師の資格を持っていても、薬剤師として働けないということもあり得るのです。
薬剤師としての専門知識をどう活かしていくかが、今後の薬剤師としての将来性を決めていくことになります。

薬剤師になるには?

薬剤師になるには、薬剤師国家試験合格することで得ることがきます
薬剤師国家試験を受けるためには、薬学部の卒業が絶対条件
薬学部の卒業と同時に国家試験の受験資格を得ることができます。
以前では、4年制大学の卒業で取得することのできた受験資格ですが、現在では法改正により薬学部は6年制となり、今から薬学部に入学する場合は、6年制の大学に入学するしかありません。
また、専門学校・短大で資格を取得することはできず、通信講座でも取得することはできません
通信講座は、合格への対策として活用すると良いでしょう。

まずは資料請求!

/img

リクルート進学ネットでは、地域別に資格取得を目指すことのできる学校を調べることができます
資料請求・願書・パンフのお取り寄せも無料。複数を一度のお取り寄せすることができるので、一回一回請求する手間が省けてとても便利です。