トップ > 薬剤師基礎知識

薬剤師基礎知識

薬剤師の資格を取得する前に知ってもらいたい情報を紹介しています! 薬剤師になる方法から仕事内容まで。 薬剤師を目指すなら是非見てください。 知っておいて損はありません!

薬剤師基礎知識:一覧

薬剤師って?

薬剤師法第一条より、薬剤師とは「調剤、医薬品の供給その他薬事衛星を司ることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保する」とされています。 薬剤師の代表的な仕事は、知っての通り医師の処方箋に基づいて調剤することです。ですが、現代の薬剤師は「調剤だけ」ではなく、その薬の持つ...

>>続きを読む>

薬剤師の歴史

薬剤師の発症のルーツは、「薬草の良し悪し・薬効を理解している人」です。どの薬草が効果的で、毒はないのかなどを正確に判断するためには、相当な時間と経験が必要になってくるからです。しかし、相当歴史があるように思える薬剤師ですが、日本での歴史はそう長いものではありません。それは、もともと日本には薬剤師とい...

>>続きを読む>

薬剤師になるには?

薬剤師になるためには、大学に入学するのが絶対条件で、現在2つのルートがあります。 ■薬剤師養成課程6年制を卒業する高校を卒業後、6年制の薬剤師養成課程の大学に入学し、卒業後、国家資格を受験する方法です。 ■大学の薬学部を卒業し、大学院に進む(4年制課程)高校を卒業後、4年制課程の薬学部のある大学に進...

>>続きを読む>

薬剤師の主な仕事内容

薬剤師の仕事のイメージは主に「調剤」だと思います。あまり人に接する仕事ではないと思われがちですが、調剤だけが薬剤師の仕事ではありません。 ■調剤医師・歯科医師・獣医師の元で作成された処方箋をもとに薬剤師は「調剤」を行います。全て処方箋の通りにしなければならないと思われている方もいるかもしれませんが、...

>>続きを読む>

薬剤師に向いている人とは?

薬剤師に向いている人とは、ズバリ「几帳面」な人です。 調剤業務では、薬を正確に㎎単位でしっかりと量らなくてはいけません。液体ならば、mlまでしっかりと。大雑把に済ませてしまう人は、こんな細かい仕事には向いていないでしょう。 そして、薬剤師の主な仕事では掛け算を多く用います。例えば、3錠×...

>>続きを読む>