トップ > 薬剤師基礎知識 > 薬剤師の歴史

薬剤師の歴史

薬剤師の発症のルーツは、「薬草の良し悪し・薬効を理解している人」です。
どの薬草が効果的で、毒はないのかなどを正確に判断するためには、相当な時間と経験が必要になってくるからです。
しかし、相当歴史があるように思える薬剤師ですが、日本での歴史はそう長いものではありません
それは、もともと日本には薬剤師というような薬を専門に扱う人は存在せず、医師が診察と同時に薬を処方するという「医薬兼業」というスタイルを取っていたからです。

それが現在のように「薬剤師」という形で医療と薬が分かれるようになったのは、明治に入ってからだと言われています。

この明治以降の1870年代、一般市民は体調が悪くなっても、病院の診察料や薬の値段の高さから医師に診てもらうことができませんでした。
この対策として、明治政府が医薬分業を取り入れたことから日本でも公に薬剤師が登場し始めます。
ですが、正式に医薬分業が始まったのは1974年。
それは、そもそも日本が医師が調剤するという歴史が長かったために、薬剤師による調剤が定着しなかったことにあります。
その後ようやく法律が制定されていき、現代の形態が出来上がりました。
こうしてみてみると、長年あったと思われる薬剤師の仕事が開始されたのは、つい最近のことです。


現代でも薬剤師という仕事の周りには、問題が多数存在します。
まだ、短い歴史ですので、これからさらに進展していく可能性が多いにあります。

前の記事 | 次の記事

薬剤師基礎知識