トップ > 薬剤師基礎知識 > 薬剤師になるには?

薬剤師になるには?

薬剤師になるためには、大学に入学するのが絶対条件で、現在2つのルートがあります。

薬剤師養成課程6年制を卒業する
高校を卒業後、6年制の薬剤師養成課程の大学に入学し、卒業後、国家資格を受験する方法です。

大学の薬学部を卒業し、大学院に進む(4年制課程)
高校を卒業後、4年制課程の薬学部のある大学に進学し、卒業後大学院に進学するか、不足科目の履修をし、実務経験を経て、国家資格を受験する方法です。

現在は上記2つの方法がありますが、今から薬剤師を目指すというのであれば、薬剤師養成課程の6年制大学に進学する方法しかありません。
4年制課程は2017年度で終了してしまいます。
すでに他の大学を卒業していて、薬剤師になりたいという場合は、薬学部2年次・3年次の編入試験を行っているところもあります。
また、よく「専門学校はあるの?」と疑問に思っている方も居るかと思いますが、薬剤師になるためには薬剤師養成学校に入学し、正規の課程を修めて卒業後、国家試験を受験する1本道しかありません。

その他に、海外で薬学科を卒業したり、海外での薬剤師免許を取得しているのであれば、日本の薬剤師国家試験を受験する資格が与えられます。

 

前の記事 | 次の記事

薬剤師基礎知識