トップ > 薬剤師基礎知識 > 薬剤師の主な仕事内容

薬剤師の主な仕事内容

薬剤師の仕事のイメージは主に「調剤」だと思います。
あまり人に接する仕事ではないと思われがちですが、調剤だけが薬剤師の仕事ではありません。

■調剤
医師・歯科医師・獣医師の元で作成された処方箋をもとに薬剤師は「調剤」を行います。
全て処方箋の通りにしなければならないと思われている方もいるかもしれませんが、副作用の危険性、患者さんの症状などを考慮した上で、処方箋の内容を医師に相談し変更してもらうことも可能です。

また、調剤は内服薬だけでなく外用薬まで行います。
点眼薬や軟膏も薬剤師が調剤しているのです。
また、患者さんからの要望があれば錠剤を粉末にして提供することもできます。

その他にも病院薬剤師限定で、注射薬の調剤も行います

■医薬品の管理
薬剤師の扱う薬の中には、一般では絶対に使用できない劇薬も含まれます。
それが紛失したり、ましてや盗難にあっては大問題になってしまいます。
病院の薬の管理の他にも、薬を製造する製造会社や医薬部外品・化粧品を製造する会社でも管理者として薬剤師は働くことができます。

■医薬品供給業務
薬の利用者に対して薬を安全に使用してもらうために、薬剤師の大切な役割として医薬品の供給が薬剤師の仕事として存在します。
また、その供給に伴って相談業務も発生します。

■入院患者へのヒアリング
病院薬剤師の主な仕事は医療関係者への医薬品の供給ですが、実際に薬を使用している患者さんへの使用方法の確認や服用状況の確認も大切な仕事です。


上記のように様々な仕事内容が薬剤師には存在します。
薬の知識や調剤の技術だけでなく、コミュニケーション能力も問われる仕事です。
 

前の記事 | 次の記事

薬剤師基礎知識