トップ > 薬剤師基礎知識 > 薬剤師って?

薬剤師って?

薬剤師法第一条より、薬剤師とは「調剤、医薬品の供給その他薬事衛星を司ることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保する」とされています。

薬剤師の代表的な仕事は、知っての通り医師の処方箋に基づいて調剤することです。
ですが、現代の薬剤師は「調剤だけ」ではなく、その薬の持つ有効性、安全性、副作用を正確に知り、患者さんの併用している薬との相互作用や、アレルギー、これまでに使用している薬などを把握した上での調剤をしなくてはなりません。

よって、常に薬についての情報収集を行って、最新情報を医師に提供することも大切な薬剤師の業務です。
更に、医師の出した処方箋がおかしいと感じた場合は、医師に意見し、内容を変えてもらうこともできます。

更に、薬剤師というとあまり人前には出ない、人に接することのないイメージですが、患者さんへの分かりやすく薬の副作用や服用方法を説明したり、生活指導も行います
また、薬剤師の働く場所は病院だけに留まらず、様々な場所に活躍の場が広がってきています。
それだけ、需要の高い職業です。

前の記事 | 次の記事

薬剤師基礎知識