トップ > 薬剤師資格のあれこれ

薬剤師資格のあれこれ

薬剤師になるためには、薬学部卒業が条件です。 その詳細から、気になる月収まで。 国公立と私立の差は学費だけではないんです! そんな細かい情報なども紹介しています。

薬剤師資格のあれこれ:一覧

薬剤師の就職先

薬剤師のイメージは薬局で薬を販売している人というものが強いですが、薬剤師の就職先は薬局だけに限りません。 ■病院院内で働く薬剤師を病院薬剤師と言います。仕事内容は、調剤はもちろん行いますが、患者さんを直接訪れ、薬の使用状況や服用の際の注意点などを説明したりもします。 ■薬局・ドラッグストア病院の近く...

>>続きを読む>

薬剤師の月収

薬剤師のイメージといえば、高収入で安定した仕事というものですが、薬剤師の月収ってそんなに高くはないんです。総務省統計局の調べによると、男性の薬剤師の給与の平均が約40万円、女性で約35万円とされています。この給与を他の医療関係の仕事と比べてみると、 ◆医師・男性 101.3万円・女性 82.4万円◆...

>>続きを読む>

国公立と私立どっちがいいの?

薬剤師になるためには、6年制の薬学部を卒業しなければなりません。 大学を選ぶ際に迷うのが、「国公立」か「私立」か。もちろん学費の面で悩んでいるのであれば、国公立が圧倒的に安く済みます。 しかし、国公立の違いと私立の違いは学費だけではありません。合格率の面でいけば、私立の方が高いんです。学費が高く合格...

>>続きを読む>

通信で薬剤師免許は取れる?

通信講座で薬剤師の資格は取得することはできません。 薬剤師の国家試験について定める薬剤師法では、(受験資格)第15条試験は、次の各号のいずれかに該当する者でなければ、受けることはできない。1.学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)において、薬学の正規の課程を修めて卒業した者2.学国の薬学校を卒業し...

>>続きを読む>

薬剤師のメリットとデメリット

薬剤師の仕事は、人の健康を管理するという重さから、最も多くのやりがいを得ることができます。病院だけでなく、普段生活している中でも「薬」というのは多くの人が手にし、利用します。その薬についての専門知識を有しているのですから、将来性においても大きなメリットを持っています。 更に、病院や薬局は、他の就職先...

>>続きを読む>

薬剤師が抱える問題点

2006年より始まった薬学部6年制と少子化の問題や、登録販売員制度によってこれから先薬剤師が過剰になってしまい薬剤師の資格を持っていても薬剤師として働けない状況がこれからの将来に生まれてくることになります。 少子化により、大学は入ってくる学生の数が少なくなり大学の経営に影響が出てきてしまうという現状...

>>続きを読む>