トップ > 薬剤師資格のあれこれ > 薬剤師の就職先

薬剤師の就職先

薬剤師のイメージは薬局で薬を販売している人というものが強いですが、薬剤師の就職先は薬局だけに限りません。

■病院
院内で働く薬剤師を病院薬剤師と言います。
仕事内容は、調剤はもちろん行いますが、患者さんを直接訪れ、薬の使用状況や服用の際の注意点などを説明したりもします。


■薬局・ドラッグストア
病院の近くにある薬局や身近にあるドラッグストアで働く薬剤師が半数を占めていると言われています。
薬局では主に、院外処方を目的としています。
薬を手渡す際に、薬の服用方法や飲み合わせによる副作用について患者さんに説明したりします。
ドラッグストアでは、市販薬の服用方法の説明や、症状を聞いてその症状に最適な薬を選択するのが薬剤師の仕事です。

■医薬品関係の企業
新しい薬の開発が主な仕事です。営業も行います。
薬剤師の仕事として、とても給与面で優遇されており、競争率が高くなってきています。

■行政機関
あまり知られていませんが、公務員試験に合格すれば行政機関の薬剤師として働くことができます。
また、国公立の研究員や、麻薬検査官にもなることができます。

■学校薬剤師
幼稚園・小学校・中学校・高校には学校保健安全法により、薬剤師を置くことが義務付けされています。
ですが、学校で調剤を行う訳ではありません。
衛生管理者として、飲料水の管理や、プールの水質、各施設の状況などを管理するのが仕事です。

前の記事 | 次の記事

薬剤師資格のあれこれ