トップ > 薬剤師資格のあれこれ > 国公立と私立どっちがいいの?

国公立と私立どっちがいいの?

薬剤師になるためには、6年制の薬学部を卒業しなければなりません

大学を選ぶ際に迷うのが、「国公立」か「私立」か。
もちろん学費の面で悩んでいるのであれば、国公立が圧倒的に安く済みます。

しかし、国公立の違いと私立の違いは学費だけではありません。
合格率の面でいけば、私立の方が高いんです
学費が高く合格率が悪いのであれば、学校側としては死活問題。
当然国家試験対策に力を入れています。
私立の学校側は、国家試験対策を徹底的に行い、卒業試験は国家試験よりも難しく設定してあるところがほとんどです。
国家試験に受からないであろうと思われる学生は卒業を延ばし、国家試験の合格率を上げるようにしています。

一方国立大学では、私立に比べ徹底的に国家試験対策を行っているという訳ではないようです。
どちらかといえば、研究に力を入れており、卒業後の進路に製薬会社など医薬品の開発に力を注ぎたいという人に向いています。

研究に力を入れているため、国家試験と研究が重なってしまうことも稀にあるそう。

もちろん国公立を卒業し、病院薬剤師になる方もいますが、私立に比べ、自己学習の時間が多めになります。

国公立にするか私立にするかは、将来どんな職場に就きたいのかをよく考えて決める方が良いでしょう。

前の記事 | 次の記事

薬剤師資格のあれこれ