トップ > コラム > 薬剤師になる前にやって得するアルバイト

薬剤師になる前にやって得するアルバイト

これから薬剤師を目指す学生に薬剤師になって得をすることをご紹介します。
1つ目はもちろん勉強です。
高校生であれば、高校の勉強をしっかりとこなしてください。
すでに薬学部に入学しているのであれば、各試験に受かる勉強をしっかりと行うことが一番です。

そして、そんな基本的な生活を送りつつ、できることならアルバイトをしてみましょう。
高校生であればアルバイト禁止のところもあるかもしれませんね。

その際は薬学部に入学してからするといいかもしれません。

勉強が大変な中、アルバイトをするのはかなりの忍耐を使うことになりますが、このアルバイト実は薬剤師になった時にとても役に立つんです。

一度も経験したことがないという方は一度は経験してみるといいでしょう。

どんなアルバイトでも構いませんが、特に薬剤師になって得をした!と思う方が多いアルバイトは、塾の講師です。
薬剤師の仕事は、調剤などの技術の面と、患者さんに薬の用法などを説明する所謂接客の面があります。
塾の講師はその接客の面において、いかに分かりやすく説明するかの技術を身に着けることができます。

そして意外なのはレジ係。
1度もレジを経験したことがない人は経験しておくと後々苦労しません。
しかも、バーコードをピッとするレジではなく、手打ちのレジです。
バーコードの場合はすぐに覚えることができますが、薬局によっては手打ちのレジを使用しなくてはならばい場合も出てきますので、覚えておくとただでさえ覚えることの多い新人時代を有意義に過ごすことができるでしょう。

前の記事 | 次の記事

コラム