トップ > コラム > 漢方薬・生薬認定薬剤師とは?

漢方薬・生薬認定薬剤師とは?

漢方薬・生薬認定薬剤師とは、漢方薬・生薬において、取扱いなどの、あるレベル以上の知識と適正を持っていると認められた薬剤師に対して与えられるものです。

漢方薬・生薬認定薬剤師になるためには、研修会に参加し、試験に合格する必要があります。
認定後は、3年ごとに研修を行い30単位修得することが条件になります。

あまり知られていない薬剤師ではありますが、近年増加傾向にあります
それは、近年漢方薬や生薬の力に注目が集まっているからでしょう。
漢方薬・生薬認定薬剤師として認定を受けておくと、患者さんへのアドバイスを行ったり、医師への情報提供を行うことができます。
漢方に詳しい医師が少なくなった近年で、認定薬剤師を得ることはとても大きなメリットになってきています。

 

前の記事 | 次の記事

コラム