トップ > コラム > 認定薬剤師とは?

認定薬剤師とは?

認定薬剤師というのは、「常に薬剤師としての勉強をしっかりとしていますよ」という認定をもらった薬剤師のことを言います。
この認定薬剤師として認められたといっても、何か仕事場で待遇が変わるという訳ではありませんが、「勉強している」ということが認められたというのが大切なんです。

薬剤師になると、月に数回講習会が開かれます。
それに出席すると、受講シールをもらうことができます。
それを専用の手帳に貼っていき、全部で40単位集めることができたら認定薬剤師の申請を行うことができます

簡単なことかと思われるかもしれませんが、仕事をしながら講習会に出席するとなると、とても大変なことで、出席すること自体ができなくなってしまうこともあるようです。

更に、1回目の申請は4年以内に40単位、その後は3年ごとに30単位を集めて更新していかなくてはなりません。


現在では、待遇が変わるなどの処置はなされていませんが、薬剤師が多くなってくる中認定薬剤師になれば、手当がつくなんてこともあるかもしれません。

前の記事 | 次の記事

コラム